2017年1月19日

第19回 季楽会(冬)のご案内

寒中お見舞い申し上げます。
先日は強烈な寒波が押し寄せたり、厳しい寒さが続いております。
どうぞ暖かくして御自愛くださいませ。

寒いと出不精になりがちですが、湯島天満宮では梅の蕾がほころび始めました。
宜しければ、そのついでにお立ち寄りください。

今回の内容は早竹の子・鯨の尾の身・薩摩軍鶏・百合根・蕗の薹の薩摩揚げ…他。
    鯨の尾の身とは、尾の背側の部分で、肉が霜降りになった良質な部位を尾の身と言います。大変稀少な部位で鯨のトロと呼ばれ、その美味しさは鮪のトロを上回ると言われています。とても柔らかく焼き過ぎても硬くならず、是非ご賞味頂きたいと思っております。詳しくはwww.94ra.com/kujira/をご覧ください。


【期間】2月22日(水)〜2月24日(金)    (税込  6,500円)
どうぞご家族や、気の合うお仲間とお越しくださいませ。

季楽会とは、年に4回普段よりちょっと贅沢な食材を楽しんで頂く会です。
どなたでも御参加頂けますので、是非ご連絡お待ちしております。



※お手数をおかけしますが、ご予約はお電話でお願いします。
彩炙
03-3837-7755



2017年1月18日

1月26日は、冬の土用の丑の日です。

鰻は高タンパクで消化も良く、夏バテ予防に土用の丑の日に食べるのは、江戸時代に平賀源内が広めたと言うのは有名ですが、実は鰻の旬は冬の時期なのです。
厳しい冬を越すために、たっぷりと脂肪を蓄えているため、脂の乗りが夏の鰻とは別段に違います。
鰻をご自身で「焼く」なんて事は一般の方でしたら、まず無いでしょう。
彩炙ではそれを簡単に出来るよう下準備しておりますので、是非楽しまれてください。



白焼きにして、山葵醤油で…。たれ焼きにして、粉山椒振りかけて…。
お好みでお召し上がりください。



2017年1月14日

季節限定「鯖の棒鮨」

国産の新鮮な真鯖を、軽く締めて仕上げております。
お刺身で召し上がる〆鯖をイメージしてください。
シャリに関しても、お寿司屋さんで召し上がる程度の味付けとなっております。
脂の乗った美味しい鯖鮨    お土産等に御利用くださいませ。




※市販の鯖鮨より酸味を抑えておりますので、必ず当日中にお召し上がりください。
又、仕入れの都合上2日前までにお申し出ください。(税込2000円)

彩炙
03-3837-7755





2017年1月11日

葉玉葱

今年は暖冬の影響でしょうか?
 例年でしたら、1月下旬ぐらいの出荷ですが、今年は早々と千葉県九十九里産の「葉玉葱」が市場に並び始めました。
葉玉葱とは、新玉葱になる前の状態で、云わば赤ちゃん玉葱です。
表面を6割程焦がすように焼いてから、焦げた1枚だけ剥いて中身をお召し上がりください。
とても甘くて柔らかい美味しさを感じてくださればと・・・。











2017年1月3日

謹賀新年

明けましておめでとうございます🌅
年始は4日の水曜日より通常営業致します。本年もどうぞ宜しくお願い申しあげます。

新春は、今が旬の脂の乗った鰻、程よい苦味が嬉しい菜の花、皆大好き焼き餅、
緑鮮やかな空豆・・・など冬の食材を中心に皆様のご来店をお待ちしております。



新年会や気の合うお仲間での食事会に御利用くださいませ。

彩炙
03-3837-7755