2017年1月19日

第19回 季楽会(冬)のご案内

寒中お見舞い申し上げます。
先日は強烈な寒波が押し寄せたり、厳しい寒さが続いております。
どうぞ暖かくして御自愛くださいませ。

寒いと出不精になりがちですが、湯島天満宮では梅の蕾がほころび始めました。
宜しければ、そのついでにお立ち寄りください。

今回の内容は早竹の子・鯨の尾の身・薩摩軍鶏・百合根・蕗の薹の薩摩揚げ…他。
    鯨の尾の身とは、尾の背側の部分で、肉が霜降りになった良質な部位を尾の身と言います。大変稀少な部位で鯨のトロと呼ばれ、その美味しさは鮪のトロを上回ると言われています。とても柔らかく焼き過ぎても硬くならず、是非ご賞味頂きたいと思っております。詳しくはwww.94ra.com/kujira/をご覧ください。


【期間】2月22日(水)〜2月24日(金)    (税込  6,500円)
どうぞご家族や、気の合うお仲間とお越しくださいませ。

季楽会とは、年に4回普段よりちょっと贅沢な食材を楽しんで頂く会です。
どなたでも御参加頂けますので、是非ご連絡お待ちしております。



※お手数をおかけしますが、ご予約はお電話でお願いします。
彩炙
03-3837-7755